【ネタバレ】アケチ・パレス


12月25日クリスマスに来栖暁が出頭し数日たったある日、暁に面会者が現れる。仲間との接触は避けているため来るはずはなかった。では一体誰が来たのだろうか?



……時は流れ2月上旬。来栖暁は無事釈放された。ある日、暁はルブランに仲間達を集める。留置所であった出来事を仲間達に話すためだ。



とある政府管轄の施設前。怪盗団メンバーはそこに集まった。普段はここに明智吾郎は収容されている。明智吾郎はこの場所にパレスを作っているらしい。メンバーたちは明智がここをどう思っているのか、キーワードを探す。



アケチ・パレスに侵入した怪盗団は、壁一面に広がる牢獄を見渡した。 特に誰かがとらわれているというわけでもなく、がらんどうだ。 通路は入り組んでおり、まるで迷路のようになっている。 怪盗団一同は、逆に異様な雰囲気を感じていた。



突然現れた巨大なカラスのようなシャドウ。 なすすべもなく捕らえられたジョーカーを助けるべく、明智のシャドウの要求を飲んだ怪盗団メンバー。 しかしそれは、とんでもない結果をもたらしてしまった。 このままでは永遠にこのパレスから抜け出すことが出来ない。



囚われたジョーカーはシャドウアケチとの取引で何とか難を逃れた。 しかし仲間はまだ何処にいるのか、無事なのかさえわからない。 ジョーカーと明智は、仲間を助けるべく動き出した。



ジョーカーと明智吾郎の二人は、他の仲間を探すために動き出した。殺風景な廊下が続き、左右の壁には相変わらず牢獄が並んでいる。明智の足取りはやや重そうだ。……それでも次の目的地がわかっているようだった。



シャドウアケチに怪盗団メンバーを全員囚われてしまったジョーカー。ここは明智のパレスなので、明智はメンバーが何処に居るのか感覚でわかるようだ。明智はジョーカーを導きメンバー救出に向かう。現在、ノワールとナビを助けることが出来た。残りは5人。しかし今もなお、メンバーはペルソナの力を奪われ続けている。 時間は残されていなかった。



真を救済した後、ジョーカーと明智吾郎は次なる仲間の元へと急ぐ。しかし、明智の足取りは次第に重くなり始めていた。 その事に気づいてはいたジョーカーだったが、今は急ぐ他なかった。 一方その頃、喜多川祐介は明智の認知シャドウの自分と対峙していた。



真と祐介を救済した後、 ジョーカーと明智吾郎は次の仲間の元へと急いでいた。足早に進むものの、刻一刻と時間は経過している ふと明智吾郎はあることに気づいた。



杏を助け出したジョーカと明智は次のメンバーの元へと急ぐが、すでにモルガナのもとには明智のシャドウが現れていた。果たしてジョーカーは間に合うのだろうか。



シャドウアケチに囚われたメンバーは残り一人となった。ジョーカーと明智は足早に向かうが、力を奪う檻に囚われてから、気の遠くなるような時間が経っている。果たして竜司は無事、パレスから脱出することが出来るのだろうか。